中日・平田が自主トレ公開「コンビナートのような働きができれば」

2017年01月12日 20時07分

コンビナートを背にランニングする中日・平田。右は中村メンタルトレーナー

 中日・平田良介外野手(28)が12日、三重・四日市での自主トレを公開した。

 平田は古本武尊外野手(26)や近藤弘基外野手(23)にも声をかけ、9日から自主トレをスタート。朝から晩まで野球漬けの日々で「全身が筋肉痛になっている」と汗を拭う。

 今季は新外国人のゲレーロ、2年目のビシエドとともにクリーンアップを任されることが濃厚。トレーニング施設が四日市コンビナートのすぐ近くとあって、平田は「打順は何番でも(状況によって)点を取ったり、チャンスメークをしたり、(ロシア語で「結合」という意味がある)コンビナートのような働きをチームでできればいいですね」と話した。