ソフトB・柳田 再手術報道をキッパリ否定「しません!」

2016年12月07日 11時29分

再手術報道には柳田もびっくり

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(28)が、とんだ騒動に巻き込まれた。右ヒジ再手術という衝撃ニュースが5日夕、一部テレビで報じられた。すぐに球団は否定し、一夜明けた6日、柳田本人が改めて手術しないことを明言した。

「しません!」。トレーニングのため、ヤフオクドームを訪れた柳田は再手術について問われるとキッパリ否定した。クライマックスシリーズ(CS)でスローイングした際に昨季手術した右ヒジに痛みが出た。再手術を検討したこともあったが、保存療法で行くことを確認していた。

 現在は筑後でヒジの状態を確かめながら、リハビリを行っている。「筑後で投げてみて痛かった。でも、可動域とかはすごくよくなっている」と状態は少しずつ上向いているという。一時はシャンプーする際にも痛みが出ていたというが、日常生活では問題ないほどに回復。そんな中での報道で各方面から確認の連絡が入り、困惑したという。

 思わぬニュースに振り回されたが自身の体については冷静だ。「開幕に間に合えばいい。リハビリのトレーナーさんが、うまく考えてくれている。信頼しているので言う通りにやりたい」と無理は一切しない。来春のWBC本戦についても現時点では頭に入っていないという。

 この日、報じたテレビ局から直接、謝罪があり、柳田も受け入れた。「人にはミスもある」。規格外男は器の大きさも人一倍だった。