愛弟子・王貞治氏が荒川さん追悼「本当にありがとうございました」

2016年12月04日 22時58分

王貞治(現ソフトバンク球団会長)に一本足打法を指導する荒川博さん(左=1966年撮影)

 巨人の打撃コーチを務め、「荒川道場」と呼ばれる厳しい指導で知られた荒川博氏が4日、心不全で東京都内の病院で死去した。86歳だった。

 これを受けて、荒川氏の指導で「一本足打法」を完成させ、世界の本塁打王へとはばたいた王貞治氏(76)が4日、球団会長を務めるソフトバンクを通じてコメントを発表した。

「荒川さんの訃報に接し大変残念でなりません。今の僕があるのは荒川さんの指導者としての並々ならぬ情熱があったからこそです。決して一人ではできませんでした。今は感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。謹んでご冥福をお祈りします」

関連タグ: