阪神・糸井が史上2人目の両リーグ盗塁王に意欲

2016年11月28日 22時55分

パ・リーグの盗塁王に輝いた糸井

 オリックスからFAで阪神入りした糸井嘉男外野手(35)が「NPB AWARDS 2016」(28日、都内)で、最年長での盗塁王(53盗塁)の表彰を受けた。

 壇上では「非常にうれしい。(今後も)若い人に負けないように頑張ります」とニッコリ。来季は阪急と中日で活躍した河野旭輝氏以来、史上2人目のセ・パ両リーグでの盗塁王の期待がかかる。「次の塁を狙っていくのはチームにとって大事。簡単ではないので一つひとつしっかりやっていきたい」と意気込んだ。