ヤクルト大引は現状維持7000万円「来季目標はフル出場と規定打席」

2016年11月28日 13時28分

会見に応じたヤクルト大引

 ヤクルトの大引啓次内野手(32)が28日、東京都内で契約更改を行い、現状維持の7000万円(推定)でサインした。今年は腰痛などのケガもあり、100試合の出場で打率2割5分、5本塁打、27打点。

 大引は「今年は波の激しい1年だった」と振り返り「来季はフル出場と規定打席が目標」と話した。来季は3年契約の最終年に当たり勝負の年となる。