中日OB会 落合GM欠席…飛び交う臆測

2016年11月28日 16時30分

OB会に出席した(左から)鈴木会長、森監督、白井オーナー

 中日OB会が27日、名古屋市内のホテルで開かれた。白井文吾オーナー、佐々木球団社長、西山球団代表のフロント陣はもちろん、森新監督や現役選手を含めて115人が出席。しかし、そこに落合博満GM(62)の姿はなかった。例年は出席し、本来ならいるはずの落合GMが欠席したことで、いろいろな臆測が飛び交った。

 

 今季は成績不振で谷繁監督が8月途中に事実上解任されるなど、チームは19年ぶりに最下位の屈辱。落合GMに編成上の責任を問う声がOB内でもくすぶっていただけに、あるOBは「球団納会は出席していたのにOB会に来ないのはおかしいでしょ」と首をかしげ、別のOBは「こんな成績ではみんなに合わせる顔がなかったのでは…」と勘ぐる声もあった。

 

 中には「歴代のOBたちから嫌みを言われそうなのは分かりそうなものだから、やっぱり今年だけは来にくかったと思うよ」という声や「所用があっただけだと思う」との声も聞かれたが、あるOBによれば「GMからは招待状の返信もなかったようだからね。欠席するなら欠席するとせめて返信するぐらいするのがマナーでしょ」との厳しい意見も…。

 

 例年は外国人調査などでこの時期に国内におらず、OB会初参加となった森監督は「これだけの大先輩を前にしてかなり緊張しています。今回、いじめられるのを覚悟で出席させていただきました。やれることは全部やるつもりです。それでダメだったら指導者が悪かったと思ってください」とあいさつして温かい拍手を浴びたが、対照的に落合GMの株は下がったかもしれない。