ソフトBドラ1・田中正義 憧れの博多大吉から金言

2016年11月24日 16時30分

壇上からあいさつする田中(右)

 ソフトバンクの新入団選手が23日、福岡県筑後市内にあるファーム施設を見学。ドラフト1位の田中正義(22=創価大)は断捨離で野球漬けの生活を送る。その田中が尊敬するお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の大吉から、福岡で活躍するための金言が贈られた。その強烈な内容とは……。

 

 この日、新入団選手はヤフオクドームで行われた「ファンフェスティバル2016」で初めて鷹党にお披露目された。ドラフト会議で5球団競合の末、ソフトバンクに入団した田中は「1年目からチームの力になれるように頑張ります」と決意表明した。

 

 田中は話芸にこだわりがある。22日に行われた新入団会見で他の選手に勝っているところを問われて「年齢です。僕以外全員、高卒なので年は4つ勝っている」と即答し、沸かせたほど。「笑いを取りたいタイプだと思われたくないけど、取りたい」と話し、尊敬するのが「博多華丸・大吉」の大吉だ。「普通のことを言っても面白い」と愛してやまない存在となっている。

 

 そんな大吉が本紙を通じて田中に金言を贈った。田中の大吉フリークぶりに「東スポで知ったんで誤報だと思ってました」と軽くジョークを飛ばすと、ホークスで愛される選手になるために「まずはボクよりもおすぎさんに気に入られてください」とアドバイスを送った。おすぎが生出演する朝の情報番組「アサデス。」(KBC)でホークスの選手はハグされると運気が上がるとも言われている。九州で絶大な人気を誇っているが「今は(おすぎは)福岡にいらっしゃるんですね。知らなかった」と助言に感謝。さらに「おすぎからのハグ? 甘んじて受け入れます」としっかりと大吉の言葉を心に留めていた。

 

 また、ファンフェスティバル後にプロ入り後に生活の拠点となるファーム施設も見学。「部屋は最高でした」と感想を語った。一方、そこに持ち込むものを最低限にするという。「もともと物を置くのは、あまり好きじゃない。(持ち込むのは)布団、サプリメントを含めた食材、冷蔵庫ぐらい。テレビは今はいらないかな」。断捨離生活で物欲を捨てた剛腕が野球漬けの日々を過ごす。

 

「本格派としてチームの柱になりたい」と話した田中。大吉のアドバイス通り、おすぎとハグして運も身につけられるか。

関連タグ: