黒田氏が最後の新井いじり? 2000安打祝賀会で「本当に『まさか』ですね」

2016年11月23日 20時32分

新井(右)に祝福の言葉をかける黒田氏

 今季限りで現役を引退した黒田博樹氏(41)が23日、広島市内のホテルで開かれた「新井貴浩2000本安打達成記念祝賀会」にサプライズ登場した。

 

 祝辞に立った黒田氏は開口一番「本当に『まさか』ですね」と言うと、こう続けた。「若いころはサードをやっていて、サードにボールが飛ぶとドキドキハラハラした。去年帰ってきてからはファーストで球際が強くなり、チームを『新井がエラーしたら仕方がない』という雰囲気にしたのはすごい。偉大な先輩の野村謙二郎さんの安打数を抜いたので、次は山本浩二さんを抜くと豪語していた」

 

 思わぬ褒め殺し攻撃に遭った新井が「メジャーでは引退した選手が(引退)撤回することはざらにある」と応酬すると、男気右腕は「現時点では120%ない」と苦笑した。