中日・森繁和監督 球団納会で決意表明「覚悟ができてます」

2016年11月22日 19時42分

納会で決意表明した森繁和監督。後方は落合GM

 中日の球団納会が22日、名古屋市内のホテルで行われた。

 冒頭のあいさつで白井文吾オーナー(88)は、19年ぶりの最下位に沈んだ今季の成績に触れて「チームの中に不協和音があって、これがいろんな雑念や不安感のもとになり、集中力が持続できなかったんじゃないかと思う」と指摘。

 その上で「それが森(繁和)監督(62)によって選手のモヤモヤした気分も醸成されて、チームが一つにならないとという状況はすでに脱しつつあると考えている。今日は納会でありますが、来季の決起大会というふうに受け止めてください」と叱咤激励した。

 一方、森監督は「負けたチーム、最下位のチームが何を言っても始まらないが、これほど悔しい思いをした選手たちが来季は必ずやってくれると信じているので、見ててください。私も何か動かします。そうでなかったらこの場にはもういません。覚悟ができてます。やるだけのことはやります。つらい思いをさせてすいません。もう少し我慢してください」と悲壮な決意を語った。