鷹ドラ1・田中正義が軽妙なトーク 他のルーキーは尊敬のまなざし

2016年11月22日 16時45分

工藤監督(中)と記念撮影に納まる田中(手前)らソフトバンクの金の卵たち

 ソフトバンクは22日、福岡市内のホテルで新入団会見を開き、5球団競合のドラフト1位・田中正義(22=創価大)ら支配下4選手と育成6選手が出席した。

 

 最速156キロを誇る右腕・田中はトークでも違いを見せつけた。他の選手に勝っているところを問われると「年齢です。僕以外全員、高卒なので年は4つ勝っている」と即答。ひと笑いさせ、他のルーキーから尊敬のまなざしを浴びた。

 

 負けたくない選手についても「本来は(日本ハムの)大谷くんと言うところなんでしょうけど…。そんなおこがましいことは言えないので全員です」と軽妙な語り口で招かれたファンを喜ばせた。

 

 真新しいソフトバンクのユニホームに「意外に似合ってなくはない。みんなから似合っていると言われました」と笑顔。プロでの目標に「沢村賞」を掲げた剛腕がプロへの第一歩を踏み出した。

関連タグ: