激ヤセの落合GM 意味深なキャンプ電撃視察

2016年11月21日 16時30分

ナゴヤ球場での秋季キャンプ最終日に姿を見せた落合GM

 中日の秋季キャンプ最終日となった20日、ナゴヤ球場がざわついた。落合博満GM(62)が今キャンプ初めて、その姿を見せたのだ。来年1月で契約が切れるだけに、その去就が注目されるオレ流。周囲では体調不良説も飛び交っているが、この日の狙いは…。

 

 落合GMが公に表に出てきたのは10月20日のドラフト会議以来。森新監督体制になってから現場に顔を出すのは初めてのことだ。打撃ケージから少し離れた場所で、まずは楽天を戦力外になりテストを受けている岩崎と言葉を交わすと、その後はオフに打撃部門の臨時コーチから専任になった土井コーチと談笑。

 

 さらに今オフに加入した森脇コーチ、田村コーチ、奈良原コーチなどが次々とあいさつに訪れると、帽子を取って、がっちり握手して話の輪が広がった。1時間ほど立ちっ放しで会話を続けると、キャンプ終了の手締めを待たずにグラウンドから引き揚げ、例によって報道陣には一切コメントせず球場を後にした。

 

 土井コーチによれば、落合GMは「体力ができていない人がいる。故障者が出てくるというのは、まだ甘い気持ちがあるんじゃないか」と指摘し「しっかりした体力。1年間できる体力をつけるよう継続してやってくれ」と注文。それ以外での要望はなく「任すので、どんどんやりたいことを教えてやってください」と、お願いされたという。初対面となった森脇コーチは「しっかり選手を導いてやってくれ」と声をかけられたそうだ。

 

 この突然の訪問に、かつての愛弟子である小笠原二軍監督は「多分(キャンプが)最後だから顔出してくれたんじゃないか」と話した。とはいえ、GM就任4年目にしてトライアウト(12日、甲子園)を初めて欠席するなど、謎の行動に周囲では体調不良説も根強い。この日は足取りこそこれまで通りだが、以前と比べて顔は青白く、体はさらに細くなった印象。久々の落合GMの出現に、西山球団代表は「(これまでは)別の仕事をしていた」と説明したが、来年1月いっぱいで契約が切れるだけに、何やら意味深な訪問にも見える。