中日・大野“脱吉見”で巻き返し誓う

2016年11月19日 16時30分

来季を見据える大野

 中日・大野雄大投手(28)が18日に契約更改に臨み、年俸1億800万円から20%減の8640万円でサインした。今季はプロ6年目にして初の開幕投手を務めたが、4月中旬に左ヒジ痛を発症して1か月半の戦線離脱。規定投球回数に届かず、7勝10敗と2桁勝利も4年ぶりに逃した。「自分自身の成績も下がったし、チームも最下位だったので、どんな金額でものもうと思っていた」と険しい表情を浮かべた。

 

 2年連続開幕投手への意欲については「(投手)全員でそういう場所を争っていければいい。その中で自分ができればいいのかな、と最近思い始めてきた」と発言。昨季の開幕前は「自分が開幕投手をやるつもりでいる」と公言しながら“落選”し、今季は「やる、やる発言」を封印して“当選”しているが「吉見さんならたぶん“俺がやる”と言っているでしょうし、そこは吉見さんは吉見さんで、俺は俺で違ってもいいのかな、というのはある」。その上で若松、ドラフト1位の柳裕也(明大)、1日に左ヒジ遊離軟骨除去手術を受けた小笠原まで候補に含め、開幕投手を競いたいとの考えで「投手力の底上げにもなるので、こういう状況をどんどんいろんな投手で作れていければいい。そういうチームの方が強くなっていけると思う」と強調している。

 

 フォア・ザ・チームの“大人の発言”にチーム関係者も「大野は師匠と仰ぐ吉見から独り立ちしようとしていて、チームのことを優先する考えを持ち始めたのはものすごい成長を感じる。今季から選手会長を務めて一皮も二皮もむけたのでは。来季の大野は本当に楽しみ」と目を細めるばかり。「今年は選手会長として見られる立場はしんどいと感じたけど、来年もこのままやってよかった、と思えるシーズンにしたい。今年の大野は違うと言わせたい」と大野は目を輝かせた。(金額は推定)

関連タグ: