“巨人の王”が由伸監督にゲキ

2016年11月19日 16時30分

ユニホーム姿であいさつする王前OB会長

【台湾・台中発】巨人の青年指揮官に、王さんが愛の猛ゲキだ。20日に台湾・台中インターコンチネンタル球場で開催される「台湾OB選抜vs巨人OB選抜チャリティー試合」を前に巨人OBの本隊が18日、台湾入り。総監督として巨人を率いる王貞治前OB会長(76)らが、台中市内で記者会見を開いた。

 

 ソフトバンク会長を務める王総監督だが、この日は後輩OBとともに古巣・巨人のユニホームに袖を通して登場。巨人側を代表して「1968年に台中で巨人が春のキャンプをやったことが懐かしい。今回、二度と着ることはないだろうと思っていたユニホームを着させてもらってうれしく思う」と笑顔であいさつした。

 

 会見終了後に応じた取材でも興奮気味に「ユニホームを着ると気持ちが変わる。脈拍が上がるね」と、表情は完全に“巨人の王”。監督として初のシーズンを2位で終えた由伸監督については「よく頑張ったと思いますよ」と評価し「来年がスタート。今年は準備期間だと思っている。勝つと残ることがないが、負けるとチームそのものがはっきり見えるし、練習方針も明確になる。秋のキャンプも真剣にやっているようだし、来年の高橋監督に期待するところは大ですよ」と2年目の飛躍を望んだ。

 

 高橋由伸監督(41)には、OB戦で“監督”を務める柴田勲OB会長(72)も鬼指令だ。同会長は「3番・中堅」でのスタメン起用を発表すると「目玉ですから、フルイニング出てもらおうと」と会見で明言。原、中畑と続く豪華クリーンアップの実現に、台湾側からも歓声が上がっていた。