中日・大野「悔しい」20%ダウン 来季は「ギャフンと言わせたい」

2016年11月18日 19時37分

契約更改を終えて会見する中日・大野

 中日・大野雄大投手(28)が18日、年俸1億800万円から20%減の8640万円(推定)でサインした。

 

 今季はプロ入り初の開幕投手を務めたが、4月に左ヒジを痛めて1か月半戦線離脱。規定投球回数に届かず、7勝10敗と4年連続の2桁勝利も逃した。

 

「規定にいかず、2桁も途切れ、悔しくて、寂しい」とがっくり。来季について「カモと思われている選手をギャフンと言わせたい。今年の大野は違うと言わせる。(イメージは)リリーフと先発で違いますが全盛期の浅尾さんです」と2011年シーズンで79試合に登板して驚異の防御率0点台を叩き出したMVP右腕を目標に巻き返しを誓った。