戦力外通告の西武・木村が育成選手契約 球団の温情に感謝

2016年11月18日 14時12分

 西武は18日、戦力外通告していた木村昇吾内野手(36)と新たに育成選手契約を結んだことを発表した。

 

 昨オフ、広島からFA宣言しながら獲得希望球団がなく、西武にテスト入団した木村は、今季38試合に出場し打率2割2分1厘。6月後半の練習中に右膝前十字靱帯を断裂する大ケガを負い、その後は戦列から離れていた。

 

 育成契約という形で再び西武の温情に救われた木村は「球団からこういう形で契約をしていただいたので、一日でも早くケガを治して、チームの勝利に貢献できるようにしっかりやっていきます」とコメントした。背番号は「0」から「121」に変更となった。