ソフトB・千賀が左ヒザ痛で秋季キャンプ離脱 福岡で検査予定

2016年11月17日 12時08分

秋季キャンプを離脱した千賀

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の強化試合に出場していたソフトバンク・千賀滉大投手(23)が17日、左ヒザ痛のため宮崎で行われている秋季キャンプを離脱した。

 

 関係者によると、前日に再合流した千賀は、WBC強化試合の初戦で左ヒザに違和感を覚えていたという。症状自体は重いものではないようで、キャンプは19日で打ち上げとなるが、ランニングメニューが中心となるため大事を取った。

 

 千賀は「めちゃめちゃひどいわけじゃない。(2度目の登板となった)4戦目も気合で投げられたので、大丈夫だと思います。思いっきり走れないし、(今のままだと)オフにしっかりトレーニングができないので」と話した。

 

 今後はリハビリ組に合流し、福岡市内の病院で検査を受ける予定だ。