細川楽天入り 古巣西武の反応は?

2016年11月17日 16時30分

捕手としての育成がなかなか進まない森

 ソフトバンクを戦力外になった細川亨捕手(36)が16日、楽天に入団することが決まった。1年契約で年俸2000万円、背番号は68。ホークスのコーチ要請を断り、パ・リーグ3球団目となる楽天に移籍した細川は「出身地の青森のためにも東北に帰って心機一転。楽天でも優勝ができるように頑張ります」とコメント。新天地での活躍に燃えるベテランに対し、古巣の西武は…。(金額は推定)

 

 楽天入りしたベテラン捕手を複雑な思いで眺めているのが、細川が逆指名入団から9年間を過ごした古巣・西武の関係者だ。西武にとって細川はチームの大命題でもある森友哉捕手(21)育成への“最後の切り札”でもあったからだ。

 

 森の捕手育成に関しては2014年の入団以来、指導者の人材難に泣いてきた。捕手育成に定評のあった元バッテリーコーチ・相馬勝也氏が13年に急逝して以降、西武は袴田英利ヘッドコーチ(14~15年)、田口昌徳バッテリーコーチ(16年)と担当コーチが変わり、来季も新たに秋元宏作コーチが二軍から内部昇格するなど森の指導役が固定しない。

 

 その一方、昨オフには球団OBでもある日本ハム・中嶋聡前バッテリーコーチ(現GM特別補佐)に就任を打診するも頓挫。そんなこともあり「細川を戻して抑え捕手兼、森の育成担当にしてはどうか?」という議論が球団内でささやかれていたのだ。

 

 関係者は「細川のホークス入りに尽力した秋山前監督の後ろ盾がなくなってしまったこと」「確執のあったFA移籍当時のフロントがすでに球団にいないこと」を頼りに水面下で調査を進めていたが、楽天に奪われる結果となってしまった。

 

 守備再構築を旗印に船出した辻西武。次代を担う捕手育成は今後も大きなテーマとなる。