楽天加入の細川 独自のデータで打倒ソフトバンク誓う

2016年11月16日 17時03分

和田(左)とあいさつを交わす細川

 ソフトバンクを退団し、楽天入りが決まった細川亨捕手(36)が16日、ヤフオクドームを訪れて打倒ソフトバンクを誓った。

 

 球場の出入り口では、トレーニング終わりの和田と偶然、遭遇。あいさつを交わした後に、ベテラン捕手が口にしたのは古巣への“恩返し”だ。

 

「強いチームに勝ってナンボだと思っている。(FAで)ソフトバンクに来るときも、ずっとAクラスだった(前所属先の)西武が強いと思っていた。中島(現オリックス)や片岡(現巨人)という走・攻・守の揃っているヤツらがいて倒したいと思っていた」

 

 そんな反骨心に満ちた野望を実現するプランもある。「(中島、片岡の)自分にしかないデータもあった。ソフトバンクに来てから西武に勝った。楽天の投手陣にも(ソフトバンクの選手のデータを)うまく当てはめられたらと思っている」とホークス移籍時の再現を狙って目をギラつかせた。

 

 ようやく来季の働き場所が決まった細川は「ひと段落して少し落ち着きました。また野球できますね」と笑顔。来季はソフトバンクの天敵になれるか。