一軍登板なしの中日・浅尾 25%ダウン7350万円でサイン「しょうがない」 

2016年11月08日 14時46分

契約更改を終え会見する浅尾

 中日・浅尾拓也投手(32)が8日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」で契約更改交渉に臨み、年俸9800万円から減額制限いっぱいの25%ダウンとなる7350万円(推定)でサインした。

 

 今季は右肩の故障などに苦しみ10年目でプロ入り初の一軍登板なし。大幅ダウンには「やれなかったのでしょうがない」とつぶやくように話した。

 

 今季について「もう少しで一軍というところで踏ん張りきれなかった」と振り返り「精神力を強くしていかないといけない」と反省点を挙げた。