竜の守護神・田島 倍増8200万円でサイン「来年は上の順位で戦いたい」

2016年11月08日 12時27分

契約更改を終えて笑顔の田島

 今季途中から中日の守護神を務めた田島慎二投手(26)が8日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」で契約更改交渉に臨み4000万円増の年俸8200万円(推定)でサインした。

 

 今季の田島は開幕から31試合連続無失点のプロ野球新記録を樹立。5月に不振の福谷浩司投手(25)に代わり抑えとなり、59試合、3勝4敗17セーブ、防御率2・44の好成績を残した。

 

 交渉を終えた田島は「今年1年やったことに対して、投手の中で1番に近くがんばってもらったと言われた」と高評価に納得の笑顔。

 

 もっともチームが最下位に終わったことに「素直に喜べない。悔しい1年。来年は気持ちよく終わりたい。上の順位で戦いたい」と雪辱を誓った。