広島・野村 トレードで巨人へ移籍・吉川との“広陵対決”心待ち

2016年11月03日 16時30分

侍ジャパンの強化試合に向け再始動した野村

 広島の野村佑輔投手(27)が2日、マツダスタジアムでランニングなどの軽いメニューで汗を流した。日本シリーズは4日前に終わったばかりだが、侍ジャパンの一員として臨む10日からのメキシコ、オランダとの強化試合に向けて再始動。「まだ試合は続いていると思って頑張りたい。日本人相手ではなく海外の代表チームと当たることで、自分の力が今どれくらいか知ることができると思う」と意気込んだ。

 

 前回2013年11月の台湾戦では初回、陽岱鋼に先制ソロを浴びたが、4回を2安打1失点と好投した。「あの場で試合ができる喜びもあったし、まだまだ力が足りない部分もあった。いろいろ刺激をもらった。選んでいただいたことに感謝して、しっかり投げたい」と話す表情は真剣そのものだ。

 

 大きなニュースも飛び込んできた。広島・広陵高時代の1年先輩である日本ハム・吉川の巨人への電撃トレードだ。「びっくりしました。かわいがってもらっていたので」と驚きを隠せない様子だったが、同一リーグとなることで、これまで以上に投げ合う機会は増える可能性がある。

 

「そういう時が来ればすごくうれしいし負けないように頑張ります。この日本シリーズではできなかったですから」。セ・リーグの最多勝右腕は12年パ・リーグMVP左腕との“広陵対決”を心待ちにしている。