中日・大島 FA宣言せず残留を決めたワケ

2016年11月01日 16時30分

中日残留を表明した大島

 中日・大島洋平外野手(30)が31日、今季取得した国内FA権を行使せず残留することを表明した。ナゴヤ球場に隣接する室内練習場で会見を開き「来年からもドラゴンズでお世話になります。今はすっきりしています」と話した。球団との3度目の交渉(29日)でまとまったという。

 この裏には森新監督の存在が大きく影響していた。過去2回の交渉では今季年俸から3000万円アップの1億2000万円の3年契約が提示されたとみられ、大島は「僕が思っていたものとかけ離れていた」とFA宣言へ気持ちが傾いていた。それが3度目の交渉では年俸1億8000万円前後の3年契約の提示に変更となったが、これが森監督の“力”によるもの。「森さんは(駒沢)大学の先輩でもあるし、いろいろと動いてくれて『どうしても残してほしい選手』だと言ってくれたそうです。後輩の僕がいなくなるわけにはいかなかった」というのだ。 指揮官は前日30日、新外国人の調査、獲得などのため、ドミニカ共和国へ出発したが、その直前に大島は残留を伝える電話をかけた。「『ありがとな! 来年頼むぞ!』と言ってもらえたので、本当に頑張ろうという気持ちになったし、森さんも気持ちよくドミニカへ行ってもらえたと思う」とにっこりだ。

「正直(FA宣言して)3、4年ぐらい出て戻ってくればいいやという思いもあったけど(チームが4年連続Bクラスの)今、この状態で出るのは逃げるみたいで嫌だった。どう顔を向けて名古屋へ帰って来たらいいんだと。名古屋の人たちにまだ何も返してない。来年はファンの方にいい思いをしてもらいたい。ここからが本当の仕事だと思っている」。地元・名古屋出身の大島は「生涯中日? 希望はそう。ずっとドラゴンズで一年でも長くやりたい」と誓った。(金額は推定)