【日本シリーズ】栗山監督 劇的王手に「感動しました」

2016年10月27日 22時47分

日本ハム・栗山英樹監督

 日本一まであと1勝と王手をかけた日本ハム・栗山英樹監督(55)が27日、熱い思いを吐露した。

 

 劇的な満塁弾によるサヨナラ勝ちに「感動しました」と目を潤ませた指揮官は「今年を象徴するような試合。みんなが我慢して粘って最後に勝ち切る。緊張の中、勝ち切るのが大事」と振り返った。

 

 広島への〝再上陸〟に「楽しみでしょうがない。広島のファンの皆さんが〝お前ら、よくやっている〟と言われるようにしたい」と完敗だった第1、2戦のリベンジを誓い、「シーズンのマジック1に似ている。やることをやるだけ」と日本一王手にも冷静だった。