【日本シリーズ】日本ハムが日本一へ王手 西川がサヨナラ満塁弾

2016年10月27日 21時56分

サヨナラ満塁ホームランを打った日本ハム・西川遥輝

 プロ野球の日本シリーズ第5戦は27日、札幌ドームで行われ、日本ハムが広島を5―1で撃破。劇的なサヨナラ満塁弾で日本一に王手をかけた。

 

 前夜に続き、先手を取ったのは広島だった。日本ハムの先発・加藤の立ち上がりを攻める広島打線は二死一、三塁の好機で、鈴木が中前適時打で1点を先制した。

 

 本拠地で王手をかけたい日本ハムは、広島に2回一死満塁にされると加藤をあきらめ、2番手・メンドーサを投入。このピンチを何とか無失点に切り抜けると、その後メンドーサが踏ん張り、打線の反撃を待つ。すると7回、広島先発・ジョンソンに代わってマウンドに上がった2番手・今村から一死一、三塁の好機を作り、岡の犠飛で同点に追いついた。

 

 そして9回にまたもや日本ハムに劇的な瞬間が訪れた。この回から登板した中崎から田中が四球を選び、さらに犠打で二死二塁とすると、続く中島が内野安打でチャンスを広げる。岡が死球で満塁とし、西川が右翼席へサヨナラ満塁本塁打。この一撃で5―1とし、日本ハムが日本一へ王手をかけた。