【日本シリーズ】日本ハム・加藤2回持たず CSのリベンジ失敗

2016年10月27日 20時06分

2回持たずマウンドを降りる日本ハム・加藤(手前)

 日本ハムのドラフト2位ルーキー・加藤貴之投手(24)が27日、日本シリーズ第5戦(札幌)に先発し、ポストシーズン2試合連続の背信KO降板となった。

 

 ソフトバンクとのCSファイナルステージ第5戦で1回4失点KO。逆転勝ちでシリーズ進出に沸くチームメートの中で一人涙に暮れていた。「緊張して全く自分の投球ができなかった」と話す加藤にとっては再び巡ってきた大舞台でのリベンジマウンドだった。

 

 この日の試合前には投手リーダー・宮西に「今日は大事やで!」と目一杯プレッシャーをかけられていた加藤。宮西は「あいつは自分の役割をしっかり把握しているし、CSで苦い思いをしているので思い切りプレッシャーかけときました。プレッシャーには強いんですよ」と語ったが、この日のマウンドもどうにもならなかった。

 

 初回から変化球の制球が乱れ、3安打で1点を失った加藤は、2回も立ち直りの気配が見られない。ストレート一本で勝負を挑むも広島8番・下水流にあわや2ランという右中間フェンスラバートップに直撃する二塁打を打たれるなど、1安打2四球で一死満塁とし無念の降板。意を決して臨んだリベンジマウンドは1回1/3、4安打1失点、2四球だった。

 

 加藤は「全力で投げにいったんですけど、こういう結果になってしまい残念です。ストライク、ボールがはっきりしていて、テンポの悪い投球になってしまいました。ブルペンの皆さんに迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。しっかり応援します」と肩を落とした。

関連タグ: