【日本シリーズ】決勝2ランのレアード「優良助っ人のバイブル」だ

2016年10月27日 13時30分

8回裏二死一塁、勝ち越し2ランを放ち、天を指すレアード

 勝利の立役者はブランドン・レアード内野手(29)だ。日本シリーズ第4戦(26日、札幌ドーム)、1―1の8回に決勝2ランを放ち、日本ハムは広島に連勝。通算成績を2勝2敗のタイに戻した。猛打でチームをけん引する今季のパ・リーグ本塁打王は来日2年目にして、すっかり日本野球に順応。明るい性格で絶大な人気を誇り、日本で成功を収める外国人選手の“格好のサンプル”となっている。

 

 試合を決めたのは2年目助っ人レアードの一発だった。1―1の同点で迎えた8回、二死一塁の場面でジャクソンの外角スライダーをフルスイング。バックスクリーン左に吸い込まれる、シリーズ2号決勝2ランで五分の星に戻した。

 

 ナインとハイタッチを終えたレアードはお決まりの“すしポーズ”。そして「結構前に誰か言われて、今回ふと思い出した」という“焼き鳥ポーズ”を初披露。お立ち台では「ファイターズ、ダイスシ!」「ファイターズ、サイコー!」と叫び、大歓声を浴びた。

 

 来日1年目の昨年は低打率にあえいだが、栗山監督は下位打線で我慢強く起用。それが実を結び、今季は2割6分3厘、39本塁打、97打点で本塁打キングを獲得。リーグ優勝の立役者の一人となった。そんな優良助っ人が今、これから日本でプレーする外国人選手たちの“バイブル”になりつつあるという。

 

「初来日の選手には日本について一通りのことを教えるが、どこのエージェントも必ず伝えるのは『リスペクト』。そして『日本野球を純粋に楽しむこと』。さらに『グッドチームメートであれ』。こういったことは各球団も教えていることだけど、本当に理解しているかは『?』なところもある」とは、多くの外国人選手を抱える某代理人関係者。食文化や生活様式になじめず、チームメートやスタッフと衝突し、結果を残すことなく母国に帰る選手は後を絶たない。

 

「その点、レアードは本当に分かりやすい『最高のお手本』。彼の活躍、パフォーマンスなどを映像で見せたり、直接本人と食事する機会を設けるのもいい。今まではラミちゃん(DeNA監督)がお手本だったけど、今はレアードですよ」(同関係者)

 

 レアードが成功した一番の要因は野球のみならず、日本の食生活や文化をすべて受け入れ順応した点にある。好物と公言するすし、焼き鳥だけでなく、最近は納豆もレパートリーに加わった。広島ではお好み焼きにもトライするなど、すすんで日本に溶け込もうとしている。栗山監督との日本語を通したコミュニケーションは、今やメディアの間で“恒例イベント”と化しており、厳しい表情で采配を振る栗山監督にアドバイスを、と報道陣から振られると「ゆっくり深呼吸しよう」とニヤリ。笑いを誘った。

 

 そんな陽気なすしボーイがチームを頂点に導く。