【日本シリーズ】連敗の広島に収穫あり!“大谷キラー”岡田がブルペン待機

2016年10月27日 13時30分

初回、大谷(上)から空振り三振を奪った岡田

 日本シリーズ第4戦が26日、札幌ドームで行われ、広島は1―3で日本ハムに逆転負け。対戦成績は2勝2敗となった。

 敗戦の中にも収穫はあった。第4戦に先発した広島のルーキー・岡田明丈投手(23)が、初めてとなる頂上決戦のマウンドで6回を4安打1失点に抑える粘投を見せた。

 初回から3回までは制球が定まらず、走者を毎回三塁にまで進めるなどピンチの連続だったが、無失点で切り抜けた。1点リードの6回、中田に初球スライダーを左翼スタンドへ運ばれ、同点ソロを被弾。それでも失点はこの場面のみだった。

 試合後は「(試合の)入りが思った以上に力が入り過ぎてしまった。ただ立ち上がりは良くなかったけれども、粘った投球ができて修正もできた。1失点で抑えて、そこで乗り越えることができたので良かったとは思う。負けてはしまいましたが…」とコメント。

 特筆すべきは、大谷を3打数無安打に封じ込めたことだ。初回一死一塁の第1打席、そして5回二死の第3打席はいずれも外角低めに逃げながら落ちるチェンジアップで空振り三振を奪った。岡田自身も「大谷に打たれなかったことも自分の流れを取り戻す要因になったのではないか」との問いに「そうだと思います」と力強く胸を張った。

 緒方監督からも「6回まで投げたんで十分。3回までピンチの連続でコントロールに苦しんでいたけれど、直球が通用するのは分かった。ゲームを作ったね」とたたえられた。

 今後はブルペンに回り、展開によっては“大谷キラー”としてマウンドに立つことになりそうだ。