【ドラフト】履正社・寺島 ヤクルト1位指名に「ぞわっとした」先輩・山田を尊敬

2016年10月20日 18時52分

ヤクルトから1位指名を受けた履正社・寺島成輝投手

 高校BIG4として注目の履正社・寺島成輝投手(18)は20日、都内で行われたドラフト会議でヤクルトから1位指名を受けた。緊張の面持ちだったが、決まった瞬間は「ぞわっとした」と独特の表現で笑顔を見せた。

 

 ヤクルトについて「明るく野球をやっている印象。去年優勝しているし、レベルが高い」と話した寺島が、何より楽しみなのは高校の先輩・山田哲人内野手(24)がいることだ。

 

「僕にはまだまだ雲の上の存在。一緒に野球ができる環境になるのでうれしい。山田さんは素直な心を持っている。尊敬しています」

 

 昨年冬に対面したときにも「頑張れ」と励まされたという。

 

 アピールポイントはもちろん、甲子園を沸かせた150キロストレートだ。

 

「自信のあるストレートを見てもらいたい。飛び抜けたものはないけど、勝てる投手になりたい。開幕一軍。2桁勝利を目指したい」と誓った左腕に、履正社・岡田監督も「私が30年間見ていて一番レベルの高い投手。中日の小笠原君のように即戦力としてやれる力は持っている。200勝以上して、プロ野球を代表する投手になってほしい」と太鼓判を押した。