【ドラフト】桜美林大・佐々木 外れ1位で5球団競合でロッテが交渉権獲得

2016年10月20日 17時51分

中日が交渉権を獲得した明大・柳投手は善波監督(左)と握手

 プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が20日、都内のホテルで行われ、創価大の156キロ右腕・田中正義投手(22)を広島、巨人、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの5球団が1位指名。抽選の末、交渉権はソフトバンクが獲得した。

 DeNA、中日が競合した明大・柳裕也投手(22)は中日が交渉権を獲得。

 外れ1位では入札した5球団(広島、巨人、DeNA、日本ハム、ロッテ)すべてが桜美林大の佐々木千隼投手(22)で競合する異例の事態に。抽選の結果、ロッテが交渉権を獲得した。

 外れの外れ1位では競合なしで確定した。

 各球団の1位指名選手は以下の通り。

 広島 ×田中正義→×佐々木千隼→加藤拓也(慶大)
 巨人 ×田中正義→×佐々木千隼→吉川尚輝(中京学院大)
 DeNA ×柳裕也→×佐々木千隼→浜口遥大(神奈川大)
 阪神 大山悠輔(白鴎大)
 ヤクルト 寺島成輝(履正社)
 中日 ◎柳裕也(明大)
 日本ハム ×田中正義→×佐々木千隼→堀瑞輝(広島新庄)
 ソフトバンク ◎田中正義(創価大)
 ロッテ ×田中正義→◎佐々木千隼(桜美林大)
 西武 今井達也(作新学院)
 楽天 藤平尚真(横浜)
 オリックス 山岡泰輔(東京ガス)