ソフトB “女神”若田部遥の神通力も通じず

2016年08月29日 16時30分

遥ちゃんの神通力もついにストップ…

 ソフトバンクが28日のロッテ戦(ヤフオク)に5―7で敗戦。8月は10勝13敗となり、月間の負け越しが決定した。

 

 2点リードで8回を迎えて、勝ちパターンの継投。しかし、セットアッパーのスアレスが一死一、二塁のピンチを招くと、デスパイネの当たりは遊撃内野安打。ここでアクシデントが発生した。

 

 一塁を守る内川が今宮からのワンバウンド送球を処理しようとした際に、激走してきたデスパイネと衝突。グラウンドに倒れ込んだ。その間に1点を返され、内川はベンチに引き揚げて途中交代となった。ここからリリーフ陣が総崩れとなり逆転負けを喫した。

 

 今後の戦いに響く可能性があるのが、4番でキャプテンでもある内川の負傷だ。最近は腰痛を抱えながら出場を続けていた。今回の接触でも腰から落ちてグラウンドに叩きつけられた格好となり、むち打ちの症状にも見舞われた。

 

 試合後の内川は「明日になってみないと何も分からない」。痛みが増す恐れもあるとのことで、藤井打撃コーチも「試合の日にどうなるかだと思う」と心配そうに話した。すでに満身創痍となっている。

 

 この日はここまで9戦負けなしだったHKT48の若田部遥(17)が、快勝したカードの初戦に続き球場を訪れた。しかし、その神通力も通じず。チーム内からは「ここまで悪い流れってあり得ないでしょ…」と嘆き節も漏れた。