ヤ軍残留ならイチロー“24億円放棄”

2012年11月30日 11時05分

 ヤンキースからFAとなったイチロー外野手(39)の獲得に向け、ジャイアンツが奥の手を用意している。米国内でも大きな注目を集める天才バットマンの去就は、ヤ軍残留が濃厚。しかし今季ワールドシリーズを制覇した世界一チームも、その状況を看過するわけにはいかない。補強候補上位にリストアップするイチローにヤ軍が提示するとみられる単年500万ドル(約4億円)+出来高を大幅に上回る、2年総額3000万ドル(約24億円)を用意しているという。さらに“弟分”の獲得も。ヤ軍残留を選べばイチローは24億円を捨てることになる――。

 天才バットマンは来季どのチームのユニホームを着るのか。ストーブリーグに突入したメジャーリーグの関係者たちはイチローの去就に注目している。今月上旬に行われたGM会議の場で、ヤンキース・キャッシュマンGMが残留オファーを提示したことを明言。単年契約で年俸500万ドル+出来高を提示して交渉を進めているとみられ、米スポーツ専門局「ESPN」など複数の有力メディアは「イチロー側が今季年俸1800万ドル(約14億4000万円)からの大幅減俸を受け入れれば、ヤ軍残留の可能性が極めて高くなる」と報じている。

 イチローの代理人を務めるトニー・アタナシオ氏も地元紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版)に「彼はヤンキースでのプレーをとても楽しんでいる。ヤンキースに『NO』とは言いにくい状況だ」と語るなど両者は相思相愛。その流れを考えれば「残留濃厚」とみるのが確かに妥当だ。27日には一部で「イチローが500万ドル+出来高で残留に合意」と報じられた。

 とはいえ、ラブコールを送っているのはヤ軍だけではない。イチローの獲得にはジャイアンツやレイズ、フィリーズなど5球団前後が強い興味を示しているといわれている。特にジ軍は地元の有力紙「サンフランシスコ・クロニクル」紙が報じているように「シリアス(本気)・モード」だ。

 今年夏にもマリナーズからヤ軍への移籍が決まる直前までイチローのトレード獲得を水面下で試みていたことがあり、2度目の“失敗”は避けたいところ。今オフに入ってからはカブレラがブルージェイズへ移籍し、今季1番打者を務めたパガンもFAで他球団流出が噂されているだけに外野手の補強が急務。イチローはノドから手が出るほど欲しい存在だ。