ヤクルト・山田 アウトカウント間違えた?守備で大失態

2016年08月03日 00時06分

 ヤクルト・山田哲人内野手(24)が2日の広島戦(神宮)で大失態だ。

 

 2点を先制された直後の2回一死一塁で打球が遊撃に飛んだ。絶好の併殺の機会だったが、遊撃・大引からの送球を二塁で受けた山田は、アウトカウントを勘違いしたのか一塁に送球しなかった。

 

 三木ヘッド兼内野守備走塁コーチは「疲れは言い訳にならない。絶対にやっちゃいけないプレー。それ以上でも以下でもない」と激怒した。