広島・新井が通算300号! つば九郎から祝福の花束

2016年08月02日 19時31分

300号本塁打を放った新井(右)

 広島・新井貴浩内野手(39)が2日のヤクルト戦(神宮)で史上42人目の通算300号本塁打を放った。2回無死一塁、フルカウントから相手先発・石川雅規投手(36)の投じた変化球をフルスイング。打った瞬間は顔をしかめたが、グングン伸びた打球がバックスクリーン右に飛び込むと雄たけびを上げた。

 先制の今季13号2ランがメモリアルアーチ。神宮球場では4月26日に史上47人目となる2000安打も放っており、赤く染まった三塁側と左翼スタンドを再び熱狂させた。

 ダイヤモンドをゆっくりと一周し終えると相手チームのマスコット・つば九郎から花束を渡された。敵地に集まった鯉党からの大声援を受けながらベテランスラッガーはヘルメットを手に感謝の意を表していた。