ヤクルト・山田 3タコで本塁打王転落も「早く30盗塁クリアしたい」

2016年07月30日 01時03分

快音なしで本塁打王から転落した山田

 ヤクルト・山田哲人内野手(24)が29日の巨人戦(東京ドーム)に3番・二塁で出場し、3打数無安打に終わった。

 この日はライバルのDeNA筒香嘉智外野手(24)が広島戦(マツダ)で30、31号と2ホーマーを放ったため、本塁打王から転落。それでも山田は「気になるか? いや、全然。今年はトリプルスリーを目標にしてきたので。早く30盗塁をクリアしたいですね」と気にするそぶりを見せなかった。