アキレス腱断裂の阪神・西岡が手術 リハビリに向け「未知なる戦いが待っている」

2016年07月27日 19時15分

 阪神は27日、20日の巨人戦(甲子園)で左足アキレス腱を断裂した西岡剛内野手(32)が、前日(26日)に大阪府内の病院で縫合手術を受け、無事に終えたと発表した。

 西岡は球団を通じて「手術することの決断、これから行っていくリハビリやトレーニングに向けて、ファンの皆さんからの全てのメッセージが励みになりました。今後の野球人生では、未知なる戦いが待っていると思います。険しい道に進む決心、勇気を与えてくれたファン、関係者の皆様には感謝しかないです」とコメントした。