阪神・鳥谷スタメン落ち 連続フルイニング出場667試合でストップ

2016年07月24日 18時38分

連続フル出場が止まった阪神・鳥谷

 阪神・鳥谷敬内野手(35)が24日、広島戦(マツダ)でスタメンを外れ、連続フルイニング出場記録が歴代4位の667試合で途切れた。遊撃には大和が8番で入った。

 

 スタメン発表時に鳥谷の名前がないことに、敵地とはいえ、球場内はどよめいた。虎党からは「今日どういう経緯でこうなったか分からないが、できればもっと早く自分から申し出てほしかった」(40代男性ファン)という声も上がった。

 

 今季は23日現在、92試合にフル出場し、打率2割3分1厘、6本塁打、28打点と精彩を欠いていた。

 

 連続フルイニング出場のプロ野球記録は金本知憲監督の1492試合。