中日・大島がサイクル安打 4打席での達成は史上15人目

2016年07月20日 20時24分

サイクル安打を達成した大島洋平

 中日・大島洋平外野手(30)が20日の広島戦(マツダ)で、2014年9月2日の広島・ロサリオ以来となるプロ野球64人目(68回目)のサイクル安打を達成した。中日では2004年4月13日の巨人戦(東京ドーム)でアレックスが記録して以来7人目の快挙。

 大島は「まずは塁に出ることだけを考えてた」という初回に先頭打者アーチを放ち、2回二死走者なしの第2打席で二塁打、4回先頭の第3打席では左中間への三塁打をマーク。6回先頭の第4打席で遊撃手の頭上を越えた打球が左前に落ち、金字塔を打ち立てた。4打席目でのサイクル安打達成は15人目。

 大島の話「4打席目もイニングの先頭だったので、いつも通り、塁に出ることを考えて打席に入りました」