中日・荒木 48打席ぶり安打でセ・ワースト更新免れる

2016年07月08日 19時53分

 中日・荒木雅博内野手(38)が8日、48打席ぶりとなる安打を放った。

 

 8日のヤクルト戦(神宮)で「2番・二塁」でスタメン出場すると初回の第1打席で一邪飛に倒れ、1959年の吉沢岳男(中日)の持つセ・リーグタイ記録となる47打席連続無安打に並んだ。

 

 それでも3回、二死一塁の場面で迎えた第2打席ではヤクルト・成瀬の4球目を中前に運びセ・リーグワースト更新は免れた。