中日・ビシエドが9号2ラン 4カード連続弾に「しっかり捉えられた」

2016年04月29日 21時26分

6回、9号2ランを放つビシエド

 中日の新外国人・ダヤン・ビシエド外野手(27)がまた打った。20日の広島戦(マツダ)で、2―6と敗色濃厚の6回無死一塁の場面で、広島・横山弘樹投手(24)が投じた高めの直球をフルスイング。打球はバックスクリーンに飛び込んだ。

 

 9号2ランにビシエドは「しっかりとボールを捉えられたよ」と納得の表情を浮かべた。

 

 阪神、ヤクルト、DeNA戦に続く4カード連続弾で、対戦カード別で本塁打を放っていないのは巨人戦だけ。もはやセ・リーグではほぼ敵無しの状態だ。