巨人を北の嵐が直撃 由伸監督搭乗予定便も大幅遅延

2016年02月29日 19時56分

 日本ハムとのオープン戦(1、2日=札幌ドーム)に向けた移動の際に暴風雪の影響で、高橋由伸監督(40)が搭乗予定だった羽田発の全日空便は出発が大幅に遅延。一部ナインが搭乗予定だった日本航空便は欠航となり、別便での移動を余儀なくされた。さらに予定していた札幌ドームでの練習を中止にするなど、とんだドタバタ劇となった。

 ただ、由伸監督は「試合はやりたいし、(札幌に)行けばなんとかなるでしょう」と気合十分。2戦目の先発が大谷と伝え聞くと「この時期は投手の方が仕上がりが早いけど、(球が速いのは)目慣らしにはいいね」とニヤリ。27、28日のヤクルトとのオープン戦で元気のなかった岡本とルーキーの重信にも「まだ壁に当たったとは思っていない」と引き続きチャンスを与える意向だ。