侍ジャパン加入 77歳権藤コーチ大丈夫?

2016年01月30日 10時00分

77歳の権藤氏

【デスクと記者のナイショ話】

 

 デスク:侍ジャパンの台湾との強化試合(3月5、6日)の投手コーチに元横浜(現DeNA)監督の権藤博氏(77)、昨季限りで現役を引退した前楽天の斎藤隆氏(45)が就任したな。

 

 NPB担当記者:昨年11月の「プレミア12」準決勝で小久保ジャパンは韓国に3点リードの9回に、まさかの逆転負け。投手コーチが鹿取義隆氏(58)1人だけで、ブルペンにコーチがいなかったことが継投ミスの要因になったとも言われていましたからね。しっかりと2人体制にして、同じ轍を踏まないようにしようということでしょう。

 

 デスク:権藤氏は横浜監督時代の1998年に日本一を経験している。当時、先発投手だった斎藤氏は13勝を挙げて優勝に貢献し、メジャーでの経験も豊富。実績は十分だな。

 

 記者:代表コーチはその時点でユニホームを着ていない人物で、かつ代表選手にも一目置かれるような実績があることなど制約が多くなります。そんななかではベストの選択と言えそうです。

 

 デスク:それだけコーチ人事に力を入れたということか。

 

 記者:侍関係者は「これ以上、同じ失敗はできない」と説明しました。25・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高視聴率だった韓国戦での逆転負けは侍にとって大きなダメージになったそうですから。

 

 デスク:国際舞台でのこれ以上の失態は侍事業の根幹を揺るがしかねないというわけか。それはともかく、権藤氏は米国で行われる2017年WBCは体力的に厳しいんじゃないか?

 

 記者:侍関係者によれば、今回はあくまで来月の台湾戦限定でのコーチということです。WBC本戦は小久保監督と年齢も近い斎藤氏に補佐をつける形になりそうです。

 

 デスク:何はともあれ、これで小久保監督は攻撃面の采配に集中できそうだな。