中日ドラ6・石岡 腰の手術でキャンプ不参加「非常に残念です」

2016年01月25日 16時19分

 中日は25日、ドラフト6位・石岡諒太内野手(23=JR東日本)が、28日に名古屋市内の病院で腰の椎間板ヘルニアの手術を受けると発表した。二軍の読谷組に振り分けられていた春季キャンプは不参加となる。

 新人合同自主トレで腰の痛みを発症し、別メニューでの調整が続いていた石岡は「入団早々手術することになってしまい非常に残念ですが、今は早く治すことを第一に考え、一日でも早くプレーできるようにしたいです」と球団を通じてコメントした。

 また、2年目左腕・浜田智博投手(23)が急性胃粘膜障害のため、名古屋市内の病院に25日から1週間ほど入院することになった。沖縄入りの時期は未定。