ヤクルト・ドラ2広岡 年越し“儀式”踏襲

2016年01月08日 10時59分

 7日、埼玉・戸田市内のヤクルト寮に入寮したヤクルトのドラフト2位内野手・広岡大志(智弁学園高)が先輩にならっての活躍を誓った。

 

 年越しには年をまたいで素振りを敢行。その理由は高校の1学年先輩である巨人・岡本にあった。「岡本さんから昨年同じことをやって、いい振りが3本目にあり、一軍に上がって3打席目に本塁打を打ったと聞きました」。岡本はルーキーイヤーの昨季、一軍昇格後すぐ本塁打を放つなど強烈な印象を残したとあって「自分は4本目でした」と“儀式”踏襲でブレークを狙う。

 

関連タグ: