DeNA・ラミレス新監督に投手陣から厳しい注文

2016年01月03日 11時05分

ラミレス新監督

 DeNAのラミレス新監督に投手陣から注文がついた。

 

 最下位からの巻き返しを狙うラミレス監督は、昨年の秋季キャンプではバント処理守備面の再確認に時間をかけた。野手の1人は「あれだけの選手ですから、言っていることもなるほどと理解できる。現役時代から敵投手や捕手のリードの分析はすごかった。作戦面の心配はない」と話す。

 

 首位打者1回(2009年)、本塁打王2回(03、10年)、打点王4回(03、07、08、10年)とタイトルを獲得し、2000本安打も達成した新監督の手腕に大きな信頼を寄せる。

 

 その一方、13年まで2年間、新指揮官に左翼守備で足を引っ張られた投手陣からは厳しい意見も飛び出した。

 

「中畑さんに続いて、また野手出身監督。投手からすれば継投は投手コーチに任せてほしい。中畑監督も継投を自分で決めていたけど、専門が違うとどうしても難しいところがある」。こう漏らすある投手は、篠原一軍投手コーチに投手陣の管理を一任すべきだと指摘した。

 

 前任の中畑監督は就任1年目こそ継投を投手コーチに任せていたが「継投の面白さが分かった」と、次第に自ら勝利の方程式を考案。だが、昨季も抑えの山崎康がルーキーながら37セーブで新人王に輝いたものの、セットアッパー陣は総崩れ状態に。チーム防御率3・80、598失点とともにセ・ワーストで最下位の直接の原因となった。

 

 ラミレス新監督も「投手陣に優勝がかかっている。自分たちの長所を投手陣にしたい」と投手陣の再建にやる気を見せている。

 

 その成否は投手スタッフを信頼して任せることができるかどうかにもかかってきそうだ。