阪神の守護神・呉昇桓 保留者名簿から外れる

2015年11月30日 19時08分

 阪神が30日、今季で2年契約が終了する呉昇桓投手(33)を保留者名簿に載せなかったことを明らかにした。西宮市内の球団事務所で、高野球団本部長が「(契約)合意に至っていない。保留者名簿には載せません」と話した。

 元ヤクルトの林昌勇投手(39)がマカオでの違法賭博容疑で韓国検察から調査を受けたことで、この日、所属するサムソンの保留者名簿から外れた。この問題に絡み韓国メディアは名前こそ出していないものの、呉昇桓の関与疑惑を報道。

 球団はすでに呉昇桓を聴取し、関与を否定したため代理人との交渉を続けていた。

 同球団本部長は「向こう(呉昇桓)の代理人と話をして名簿から外した。引き続き交渉は続けていく」と来季残留に向け、メジャー挑戦も視野に入れる呉昇桓サイドと話し合いを続けると明言した。