パMVPのソフトB・柳田 年俸も“トリプルスリー”?

2015年11月26日 16時00分

MVPはトリプルスリーの柳田(右)と山田
MVPはトリプルスリーの柳田(右)と山田

 パMVPはソフトバンク・柳田悠岐外野手(27)。今季は打率3割6分3厘、34本塁打、32盗塁、99打点で、トリプルスリーと首位打者を史上初めて同時に獲得した選手となり「うれしいのひと言です。トリプルスリーはずっと頭においてトレーニングをやってきたが、MVPはまさかでした。(来季は)4割は無理だが、40発40盗塁を目指したい」と意気込んだ。

 

 個人成績が伴っての優勝ということもあり、契約更改での大幅増は間違いないが、気になるのはズバリ大台の3億円に届くかどうかだ。

 

 今季年俸は9000万円。球団内からは「軽く3倍はいくだろう。それに貢献料が加味されれば十分可能だ」「トリプルスリーだから3億3300万円では」と大台到達を後押しする声が相次いでいる。

 

 球界屈指の資金力を誇るソフトバンクでは、決して夢物語ではなく「ホークス史上初めてトリプルスリーを達成して、チームへの貢献度は計り知れない。前例がないくらいの活躍だけに査定する側も困っているんじゃないかな」との声も。

 

 日本一連覇の立役者は、その活躍にふさわしい評価を手にできるか。(金額は推定)

ピックアップ