広島・堂林“落合打法”習得に躍起「映像も見てます」

2015年11月01日 20時11分

新打法に取り組む堂林

 広島・堂林翔太内野手(24)が“落合打法”で来季の定位置奪取を目指す。

 宮崎・日南市で1日からスタートした秋季キャンプでは、石井打撃コーチのもと、新たな打撃フォームに挑戦。足を大きく上げていた今までのものから一転、オープン気味に構え、ゆったりとタイミングを計るものにモデルチェンジしている。

 堂林は「今までは打ちにいくときにバットが隠れて出にくくなっていたので、バットが出しやすいように取り組んでいる。まだ頭と体が一致していないが、大きく振れているというのが大きい」と新打法習得に意気込み十分。

 発案者の石井コーチも「長打力が魅力なので、その長所を生かしたい。懐を大きく取ってタイミングもゆっくり取る。飛ばすコツを覚えさせたい」と期待を寄せる。

 特に参考にしているのは“神主打法”で知られる現中日GM・落合氏の現役時代のフォームだ。「落合さんの映像などを見たりしている」と動画投稿サイトなどで3冠王を獲得したころの打撃を見ているという。

 大胆な改造に取り組んでいるのは、危機感の表れでもある。これまで球団側は堂林の成長に期待して三塁手の外国人補強は避けてきた。しかし、悲願のV奪回に向けて今オフは三塁手の外国人選手の獲得を模索中だ。

 球団側は「本当は堂林がレギュラーをつかんでくれるのがベスト。これを飛躍のきっかけにしてほしい」(球団幹部)と奮起に期待を寄せるが、これまで以上に結果を出さなければ、忘れられた存在になってしまう危険性もある。

「7年目になるし、もうやらないといけない」と堂林。来季は新たな打法で存在感を発揮できるか。