李大浩「ソフトバンク退団→メジャー挑戦」報道に怒り

2015年10月31日 16時32分

 ソフトバンク・李大浩内野手(33)が31日、ヤフオクドームで取材に対応し、自身の去就報道に怒りをあらわにした。

 ソフトバンクを退団してメジャーに挑戦するとの報道が母国・韓国で出て、それが日本にも波及。一躍、話題の的となった。しかし、まだ代理人と話し合いを行ってもいないといい「エージェント(代理人)がどういう考えか分からないけど、全くしゃべってないところで、そう書かれると困る」と強い口調でコメント。

 ソフトバンク残留の可能性については「もちろん、私はそう考えています。プラス1年契約ですからね。契約が残っている分、ホークスでやりたいと思っている」と明言。ただ、同時に「日本に来たときもメジャー(に行きたい思い)が先だった。夢はアメリカです」と、米球界挑戦への夢を抱いているのも確かなようだ。

 李大浩はソフトバンクと3年契約を結んでおり、今年が2年目。最後の1年はオプションで、現在は李大浩に選択権がある。

 李大浩は31日夜に帰国する。