山本昌が引退会見で見せた不屈の闘志 残り2試合で「もう1回マウンドに」

2015年09月30日 18時30分

笑顔で引退会見を行った山本昌

 球界最年長の中日・山本昌投手(50)が30日、名古屋市内のホテルで会見を開き、今季限りでの現役引退を正式に発表した。1983年のドラフトで5位に指名され入団して以来、日本球界の最年長記録を次々に塗り替えてきたが、ここまで今季は1試合の登板のみ。故障に苦しみ、チームが世代交代を進める状況もあって、ユニホームを脱ぐ決意を固めた。

 

 それでも、会見ではすっきりとした表情でドラゴンズ一筋だった32年間を振り返った。「自分ではいい判断だったと思う。よく50歳まで頑張れたなっとホッとしている部分がある」と明かした。

 

 とはいえ、ジェイミー・モイヤー(元ロッキーズ)の持つ49歳180日の世界最年長勝利記録を更新することはほぼ不可能だが、球界初となる50歳以上での登板はまだあきらめていない。

 

 この日、ナゴヤドームでの一軍練習に合流した山本昌はランニングやキャッチボール、山井らを座らせて軽くピッチングを行うなど汗を流した。

 

 今季は8月9日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に先発し、初回に左手人さし指を負傷し、わずか22球で途中降板。「野球をあんなに頑張ってきて最後はこんなもんか、ちくしょう!と。もし、お許しがいただけるならもう1回マウンドに立ちたい。打者1人だけしかダメなので、もう体を気にしなくていいんで目一杯投げたいと思う」との思いを秘めている。

 

 今季最終カードとなる10月1、2日の広島戦(マツダ)のどちらかでの現役ラスト登板を目指し、不屈の闘志を最後の最後まで完全燃焼させるつもりだ。

 

 今後は野球評論家へ転身し、封印してきた趣味のラジコンも再開させたいという。レジェンドの目には涙はなく「泣き虫なんで泣かないようにと妻に言われてきたが、50歳になってビービー泣いてたら恥ずかしいので。これ以上自分で筋書きをつくれと言われてもできないぐらい、世界で一番幸せな野球人生を送れた」と笑みを浮かべた。