【日本ハム】新庄監督 清宮幸太郎に今度は〝マッチョ化〟指令! ついに出たヤクルト・村上との「比較」

2022年08月02日 06時00分

大学・社会人選抜との試合では無安打に終わった日本ハム・清宮(東スポWeb)
大学・社会人選抜との試合では無安打に終わった日本ハム・清宮(東スポWeb)

 日本ハムの新庄剛志監督(50)が、清宮幸太郎内野手(23)を「マッチョ化」させることを明言し、周囲に衝撃が走っている。

 清宮と言えば昨オフ、監督就任直後のビッグボスから「ちょっとデブじゃね?」と指摘され、約10キロの減量を敢行。おかげで動きが俊敏になり、今季覚醒の予感を漂わせている。

 だが、指揮官はこれで満足していないという。

「俺、思ったんですよ。(清宮の肉体が)シャープになってバットコントロールもキレも出てきたから、今度はウエートトレーニングとかをして力がつけばスイングスピードも速くなる。ウエートしてバットスイングをガンガンさせたら(清宮は)さらにパワーアップするんじゃないかな、と思いましてね」

 指揮官はここまでの清宮のスイングを分析した上で、パワー不足を懸念。その克服には筋力アップが必要だと主張する。

「彼(清宮)の場合、(球を)捉える能力とか角度は持っているから。そこにヘッドスピードとバットスイングがプラスされたら詰まってでも(打球をスタンドに)放り込めるんじゃないかと思う。(その割に今の体は)ちょっとだけ緩い感じがしません? 例を出すのはあまり好きじゃないけど、ヤクルトの村上君のあの迫力感っていうのがあるから。清宮君のスイングのホームランも、カッコいいっちゃカッコいいんですけどね」

 清宮はチームの将来を担う大砲候補の一人。だからこそ同期で今や球界を代表する長距離砲として君臨するヤクルト・村上のように成長してもらいたい。そんな思いも見え隠れする。

「本当なら(シーズン中の)今からやるのがベスト。ちょっとした時間を使って3、40分でもいいから来年に向けての準備をしながらオフで一気にね。(来春の)キャンプに来た時には(両手を広げ)こんなデカい体でね。いきなりフリーバッティングで『マジか』っていうふうに驚かせてくれれば。僕も(現役時代は体が)細かったけど、ある時期に『鍛えてみよう』てやったら、やっぱり打球は飛びましたからね」(新庄監督)

 早ければ今季中にも着手させるという清宮の「マッチョ化計画」。果たしてボスの狙い通りに屈強な体を手に入れ、さらなる飛躍を遂げられるのか。周囲は期待と不安が混在する中、指揮官と清宮の新たな試みに注目している。

関連タグ: